江戸時代の風俗について

>

遊郭と遊女達の一生

風俗営業として大きくなった理由

日本で大々的に風俗営業がされたのが明治44年になってからだそうです。
それまでは、個人営業の形で残っていたそうです。

カフェ―として風俗営業を主に行うようになったのは、銀座が始まりと言われています。
最初は、コーヒーや酒や洋食を出すのが主でしたが、いつしか店員によるサービスが売り物になったのは関東大震災後と見られています。
体をお客に密着をさせて話しをするといったサービス内容で徐々に、昔とは違い誰でも利用出来るようになった事が大衆に大きく受け入れられるようになりました。

昭和に入ると、経済発展も大きくなり、様々な物が世の中に出回るようになります。
街頭に立ってお客を取るようになったり、出たばかりの自動車に一緒に相乗りしてお客を取るなど色んな性産業がありました。
流行に乗っ取った形で昭和の風俗は時代と共に寄り添う形で、時代を象徴する物でもありました。

昭和になると店舗型が主流になりました

昭和の後期になると大きな経済成長の中で日本の風俗も変わってきました。
1980年に入ると名前をソープランドに変えて男性客に対して、個室で性的なサービスを行うようになりました。

昭和初期の頃は、トルコ風呂と呼ばれており、個室付き特殊浴場と呼ばれていました。
元は、中東地域の伝統的な浴場で行われていたサービス内容を日本独自に発展したのがソープと言われています。

ソープ街は、歓楽街や有名な温泉街から少し離れた場所にある事が多かったそうです。
昭和41年には、風俗営業法が制定されるようになった事もあり、全国的に店舗数が増えていきました。

1985年には行政の風俗に対する締め付けも強くなり徐々に店舗数は限られるようになりました。
ですが、今でも、ソープ街は健在しており、昔からの名残を残しつつ営業は続いています。


TOPへ戻る