江戸時代の風俗について

>

独特のしきたりが存在

風俗嬢はどんな営業をしているのか?

クラブやキャバクラで働く女性とは違い、個人に電話をかけたり同伴をしたりして指名を獲得する方法ではありません。
風俗嬢の営業スタイルは、基本は、そんなに営業活動を個人にしなくても良いのですが、中にはプロ意識が高い人もいる為、お店にあるホームページを定期的に更新して指名を獲得しているようです。

昔から、風俗は、お店に行って好みの女の子を指名して性的サービスをして貰う方法です。
平成に入ると、携帯やスマホも普及し始めて、直接お店に行かなくても女の子を見る事が出来るようになりました。

その為、写真の加工や文章を書いたり、たまにセクシーな写真を載せたりして顧客を獲得し常連になって貰える努力を常に行うようになりました。
風俗嬢達も、容姿を綺麗にしたり美容に気を付けるようになりました。

また、エイズや性病を防ぐ為にも、毎月必ず検査を受ける事が義務付けされています。

時代の流れに乗った新しい営業スタイル

風俗営業法が制定されるようになってから実は、風俗業界は営業スタイルを今日まで様々な形に変化しながら時代に合わせるようにして生き残ってきました。
前の記事でも紹介したように、店舗型が主流でしたが、平成に入ると、派遣型になりホテルや個人宅に出張する形に変化しています。

店舗を構えずに営業をする方が背負うリスクが少なく、稼ぎやすいので、数は店舗型よりも派遣型が今では多くなりました。
そもそも風俗業界は、一つのお店が長く生き残る事は難しいそうです。
時代の流れに決して逆らう事は出来ない事が多く、長く残る為には時代にあった変化が必要なのです。

派遣型だと風俗嬢は、基本待機している時は、何をしていても良いそうです。
連絡は基本的には電話やメールになっており連絡が来ると専属の車に乗り、指定した時間分のサービスを行うようになりました。
泊まりもOKでお客に気に入られると連続で指名されるようになります。


TOPへ戻る